▶︎トップページ

▶︎クリニック紹介

院長あいさつ

院長


開院15年を経て、平成28年9月にクリニックを移転いたしました。

当院の基本的な診療方針として、患者様の不安・疑問に応えられるよう丁寧でわかりやすい病状の説明を心がけております。
また、耳鼻咽喉科での治療では不充分な患者様に対しては近隣の内科・小児科などすべての他科医院とも密接に連携して、最も適切と思われる医療機関への紹介まで責任を持って果たしております。
新クリニックでの診療環境を整えてお待ちしておりますので、安心してご来院ください。

今後とも皆様に選ばれるクリニックを目標に、スタッフと共に研鑽をかさねてまいります。

院長略歴

片橋 立秋(かたはし たつあき)

昭和61年、千葉大学医学部卒業後、千葉大学付属病院、千葉県がんセンター等にて耳鼻咽喉科先端医療に従事。その後、仙台中耳サージセンターにて日帰り聴力再建手術を習得し、平成13年9月まで船橋医療センターに勤務。
平成13年11月、いちはら耳鼻咽喉科日帰り手術センター(現 医療法人社団立志会 いちはら耳鼻咽喉科)開院。

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

いちはら耳鼻咽喉科の取り組み

接遇研修 (平成31年3月1日更新)

患者さまに気持ちの良い応対をご提供できるよう、年間を通して定期的に接遇研修を行ない、スタッフ間で共通理解するための学習会も行なっております。

現在当院では、『安心・安全な医療の提供』を全スタッフ共通の大きな目標としており、実現していくためにスタッフ1人ひとりが具体的な個人目標を持って日々の業務に取り組んでいます。
目標の例としては、
・患者さまの顔を見てきちんと挨拶する
・ながら作業や流れ作業をしない
・マスクを着けていても柔らかな表情を心掛ける
などです。
それぞれの個人目標はスタッフ間で共有することで、誰が今どんなことを頑張っているのか知ることができ、「自分も頑張らなくては!」というモチベーションアップに繋がっていると思います。
全スタッフがそれぞれの視点から患者さまやクリニックのためになることを考え実行していき、今まで以上に安心して受診していただける環境を作ってまいります。


*過去の研修内容
・患者さまの待ち時間短縮のための取り組み
・コミュニケーション技術向上のための研修
・お子さんの診察時の正しい抱っこ方法について など

接遇研修 接遇研修

安全管理研修 (平成31年1月31日更新)

患者さまに安心安全な環境をご提供できるよう、防災訓練や感染症対策に関する研修を行なっております。
また、スタッフの健康維持増進やチームワーク向上を図るため、レクリエーション大会も行なっております。

1月の安全管理研修では、火災を想定した避難訓練と嘔吐物処理の研修を行いました。
今回の避難訓練では、事前に出火場所を告知せず、その場でスタッフ1人ひとりが状況判断し、初期消火から消防への通報、患者様の避難誘導・安全確認を行い、その後問題点や反省点を共有し改善策について話し合いました。
嘔吐物処理の研修では、お粥などで作った模擬嘔吐物を約80cmの高さから落下させ、吐物の飛散状況を確認し、その後実際に処理を行いました。広範囲への飛散や跳ね返りがあり、素早く確実な処理をすることの重要性を再認識しました。
また、千葉労災病院で行われた災害訓練にも見学者として参加し、災害拠点病院としての機能や役割について学び、より一層防災に対する意識を高めることができました。
いざという時に1人ひとりが冷静な判断をし、患者様に安心・安全に受診していただけるよう、今後も安全管理に取り組んでまいります。


*過去の研修内容
・感染症の予防や対策についての取り組み
・火災や地震を想定した避難訓練やAED研修
・クリニック内の防火設備や災害時の行動マニュアルの確認 など

安全管理研修
安全管理研修

小さなお子さんの診察について

当院では生後数ヶ月の赤ちゃんでも診察しております。
何かご心配な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
(よく耳をさわる、鼻がグズグズしてミルクを飲まないetc...) 

抱っこの仕方

診察の際にお子さんが暴れてしまうと、とても危険なうえ、必要な診察・治療が行なえません。そのため当院では、保護者の方にご協力いただき「抱っこ」で診察をしています。
お子さんは全力で嫌がり、必死に抵抗します。安全のために保護者の方も全力で正しく抱っこしていただきますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。
(抱っこの仕方のイラストをご参照ください)
妊娠中などで抱っこができない場合は、スタッフが代わりに抱っこさせていただきます。

診察が終わったら「上手にできたね」と褒めてあげてください。

折り紙の写真

みみずくコラム(5月)

スタッフより

こんにちは。
今月のコラム担当のSです。

とうとう今月から新元号『令和』がスタートしました。
現在元号を使っているのは日本だけですので、こうして『平成』から『令和』への時代の節目を迎えると、とても感慨深いものがあります。
『平成』という時代の間、常に国民に寄り添われ、ご公務を果たしてこられた天皇皇后両陛下には、心より感謝申し上げます。
ところで皆さんは新元号の意味をご存知ですか?
政府の発表によると、『令和』という言葉は、日本最古の歌集「万葉集」の“梅花の歌“から採用され、「厳しい寒さのあとに春の訪れを告げ、美しい花を咲かせる梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望を持ち、それぞれの花を咲かせることができる日本でありたい」という願いが込められているそうです。
とても美しい言葉ですね。私も自分らしい花を咲かせられるように頑張ります!

“頑張る”といえば…
来年の2020年には、いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
今まさにオリンピックの出場枠をかけて、選手をはじめ、コーチや家族までもが頑張っているところです。代表選考会のテレビ中継を観ていても、どの競技もハイレベルで感動することばかりで、個人的には全員出場させてあげたい気持ちになります。残念ながらそうはいきませんので、最後まで悔いのないよう力を出し切って欲しいですね。

東京2020大会では、オリンピック33競技、パラリンピック22競技の開催が予定されており、各競技を表すためのスポーツピクトグラム(絵文字のような視覚記号)も発表されています。躍動するアスリートの姿を魅力的に引き出すデザインとなっていますので、是非ご覧になってください。
会場で応援される方、テレビの前で応援される方、仕事をしながら心の中で応援される方、それぞれだと思いますが、きっとみんなの気持ちが選手の力になります。
私達も最後まで選手と一緒に戦いましょう!

下の写真は現在の新国立競技場と東京アクアティクスセンターです。
折り紙の写真

折り紙の写真

折り紙の写真

☆当院の接遇や安全管理に関する情報も随時更新中です☆
コラムの上にある「いちはら耳鼻咽喉科の取り組み」をご覧ください。

一番上に戻る