▶︎トップページ

▶︎クリニック紹介

院長あいさつ

院長


開院15年を経て、平成28年9月にクリニックを移転いたしました。

当院の基本的な診療方針として、患者様の不安・疑問に応えられるよう丁寧でわかりやすい病状の説明を心がけております。
また、耳鼻咽喉科での治療では不充分な患者様に対しては近隣の内科・小児科などすべての他科医院とも密接に連携して、最も適切と思われる医療機関への紹介まで責任を持って果たしております。
新クリニックでの診療環境を整えてお待ちしておりますので、安心してご来院ください。

今後とも皆様に選ばれるクリニックを目標に、スタッフと共に研鑽をかさねてまいります。

院長略歴

片橋 立秋(かたはし たつあき)

昭和61年、千葉大学医学部卒業後、千葉大学付属病院、千葉県がんセンター等にて耳鼻咽喉科先端医療に従事。その後、仙台中耳サージセンターにて日帰り聴力再建手術を習得し、平成13年9月まで船橋医療センターに勤務。
平成13年11月、いちはら耳鼻咽喉科日帰り手術センター(現 医療法人社団立志会 いちはら耳鼻咽喉科)開院。

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

いちはら耳鼻咽喉科の取り組み

接遇研修

患者さまに気持ちの良い応対をご提供できるよう、年間を通して定期的に接遇研修を行ない、スタッフ間で共通理解するための学習会も行なっております。

安全に診察や治療を行なうために、当院ではお子さまの診察時には保護者の方に抱っこをしていただいております。
2月の研修では、抱っこ診察の正しいやり方やポイントを再確認し、「なぜ抱っこが必要なのか」「もっとわかりやすくお伝えする方法はないだろうか」などについて話し合いました。
当院の中待合室に“抱っこの仕方”のイラストを掲示しておりますので、小さなお子さまの受診の際は事前にご確認ください。
(平成30年3月1日更新)

*過去の研修内容
・患者さまの待ち時間短縮のための取り組み
・コミュニケーション技術向上のための研修 など

接遇研修

安全管理研修

患者さまに安心安全な環境をご提供できるよう、防災訓練や感染症対策に関する研修を行なっております。
また、スタッフの健康維持増進やチームワーク向上を図るため、レクリエーション大会も行なっております。

12月は、感染症の予防や対策についての研修を行ないました。
マスク着用の効果、嘔吐物の正しい処理方法、手洗いの重要性などを改めて確認し、
インフルエンザも流行りはじめているこれからの時期に向けて意識を高めることができました。
(平成30年1月1日更新)

*過去の研修内容
・市津消防署のご協力のもと、防災訓練やAEDの使用研修
・クリニック内の防火設備や災害時の行動マニュアルの確認 など

安全管理研修

小さなお子さまの診察について

当院では生後数ヶ月の赤ちゃんでも診察しております。
何かご心配な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
(よく耳をさわる、鼻がグズグズしてミルクを飲まないetc...) 

抱っこの仕方

診察の際にお子さまが暴れてしまうと大変危険なうえ、必要な治療が行えません。そのため当院では保護者の方のご協力をいただき、小さなお子さまは“抱っこ”で診察を行っております。

どうぞご理解とご協力をお願い致します。
妊娠中などで抱っこができない場合は、スタッフが代わりに抱っこさせていただきます。

抱っこの仕方

みみずくコラム(4月)

クリニックより

だんだんと暖かくなってきましたね。
環境担当のYです。

敷地内の芝生も少しずつ色づき始め、
移植して2年目のしだれ桜の木も
去年より多くの花をつけてくれました🌸
折り紙の写真


折り紙の写真


緑や花は人の心を落ち着かせ
ホッとさせてくれます。
来院される患者さまに少しでもホッとできる
空間をご提供できるようにと、
正面玄関には色とりどりの花を植えました。

折り紙の写真


折り紙の写真


そして環境担当を筆頭にスタッフ全員が一丸となり、
清掃活動にも取り組んでいます。
日々の掃除だけでなく月に1回は大掃除も行ない、
キレイなクリニックを維持できるようにしています✨

折り紙の写真


今後も1年目よりは2年目、3年目と、
しだれ桜の木とともにスタッフもクリニックも
成長していきたいと思っています。

折り紙の写真


5~10年後には当院のしだれ桜の木も
上の写真のように大きく成長していると嬉しいです(*^-^*)



スタッフより

こんにちは。
今月のコラム担当Sです。

平昌五輪・パラリンピックが終わり、勇猛果敢に立ち向かう姿、諦めない強いハートを持つアスリートの方々を見て、沢山の感動と勇気をいただきました。
次は待ちに待った東京五輪・パラリンピックが2020年に開催されるので、とても楽しみです。

我が家にはバスケットボールを7年間やっていた娘と、水泳で全国を目指している息子がおり、以前から子供達に観てもらいたいと思っていた『車椅子バスケットボール』の試合が先日ありましたので、皆様にも知っていただきたくご紹介いたします。

車椅子バスケット全国選抜大会が千葉ポートアリーナで2日間に渡り開催されました。
我が家は2日目の準決勝・決勝の観戦をしました。

試合はほぼ健常者のバスケットボールと同じ、10分4クォーター、1チーム5人で行なわれます。
車椅子には規格があり、フットレスト(足を乗せる部分)・シートの高さ・車輪の大きさ等が決められています。
その他、各プレイヤーの障害程度に応じた持ち点の合計が14.0点を越えてはならない、転倒しても基本的には自力で起き上がらなければならない、男女混合チーム等、車椅子バスケットならではのルールもあります。

今回の出場チームの中で、私は「千葉ホークス」の21番センター(ゴール下で点を取る人)、娘は「宮城MAX」の30番パワーフォワード(ゴール下で守る人)、息子は「パラ神奈川」の7番ポイントガード(ボールを運び、点を取る人)をそれぞれ応援しました。

車椅子の試合は転倒する度にヒヤヒヤ・ドキドキし、手に汗握りました。
車椅子を猛スピードで漕ぐ姿、ゴール下の体当たりプレーは大迫力です。
車椅子同士のぶつかる音、車椅子操作で真っ黒になる両手、タイヤが擦れて焦げた匂い、大きい車輪1点で重心を支え斜めになりながらシュートを打つ姿、倒れても倒れても起き上がる姿、本当に感動しました。

こんなに素晴らしいチームや試合を間近に見られ、もっともっと応援したくなりました。

来月5/19・20には武蔵野の森総合スポーツプラザにて試合がありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

折り紙の写真


折り紙の写真


折り紙の写真


みみずく通信より

【あなたの“めまい”は どんな“めまい”ですか?】

めまいの原因は、耳や脳の病気によるもの、ストレスや過労、加齢などさまざまです。
めまいを感じたら早めに受診し適切に対処していくことが大切です。
今回のみみずく通信では、めまいの受診の際に症状を伝える時のポイント、日常生活上の注意点などを掲載中です。
みみずく通信は待合室の本棚にございますので、ご来院の際はどうぞご覧ください。



☆当院の接遇や安全管理に関する情報も随時更新中です。
コラムの上にある「いちはら耳鼻咽喉科の取り組み」をご覧ください。

一番上に戻る