▶︎トップページ

▶︎クリニック紹介

院長あいさつ

院長


開院15年を経て、平成28年9月にクリニックを移転いたしました。

当院の基本的な診療方針として、患者様の不安・疑問に応えられるよう丁寧でわかりやすい病状の説明を心がけております。
また、耳鼻咽喉科での治療では不充分な患者様に対しては近隣の内科・小児科などすべての他科医院とも密接に連携して、最も適切と思われる医療機関への紹介まで責任を持って果たしております。
新クリニックでの診療環境を整えてお待ちしておりますので、安心してご来院ください。

今後とも皆様に選ばれるクリニックを目標に、スタッフと共に研鑽をかさねてまいります。

院長略歴

片橋 立秋(かたはし たつあき)

昭和61年、千葉大学医学部卒業後、千葉大学付属病院、千葉県がんセンター等にて耳鼻咽喉科先端医療に従事。その後、仙台中耳サージセンターにて日帰り聴力再建手術を習得し、平成13年9月まで船橋医療センターに勤務。
平成13年11月、いちはら耳鼻咽喉科日帰り手術センター(現 医療法人社団立志会 いちはら耳鼻咽喉科)開院。

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

いちはら耳鼻咽喉科の取り組み

接遇研修 (令和元年9月1日更新)

患者さまに気持ちの良い応対をご提供できるよう、年間を通して定期的に接遇研修を行ない、スタッフ間で共通理解するための学習会も行なっております。

当院では、『安心・安全な医療の提供』を全スタッフ共通の大きな目標としており、実現していくためにスタッフ1人ひとりが具体的な個人目標を持って日々の業務に取り組んでいます。
ひとつの目標をクリアできたら次の目標に進み、それぞれが着実にステップアップしていることを実感できています。
他にも、毎月日々の業務の中で「ヒヤリ」としたことや「ハッ」としたことを全スタッフで共有し、改善策などを話し合うことで、同じようなミスや大きな事故を未然に防ぐという取り組みにも力を入れています。
全スタッフがそれぞれの視点から患者さまやクリニックのためになることを考え実行し、今後も安心して受診していただける環境を維持してまいります。



*過去の研修内容
・患者さまの待ち時間短縮のための取り組み
・コミュニケーション技術向上のための研修
・お子さんの診察時の正しい抱っこ方法について など

接遇研修 接遇研修

安全管理研修 (令和元年6月30日更新)

患者さまに安心安全な環境をご提供できるよう、防災訓練や感染症対策に関する研修を行なっております。
また、スタッフの健康維持増進やチームワーク向上を図るため、レクリエーション大会も行なっております。

6月の安全管理研修では、火災を想定した避難訓練を行ないました。
今年の1月に行なった避難訓練での改善点を基に、当院の災害時の指針である「災害時行動基準表」を見直し、さらに個々の役割や動きを細かく確認するため、2回繰り返し訓練を行ないました。

1回目 初期消火から避難後の患者さまの点呼まで一連の流れを通した訓練

ー訓練後の反省点と問題点ー
・患者さまを不安にさせない声掛けや誘導方法の練習をする
・避難方向、出口がはっきり分かるように伝える
・院内にいらっしゃらない患者さま、スタッフの安否確認の方法を考える 等

〈スポット訓練〉 スタッフから挙がった反省点や問題点を基に、診察室と事務室に分かれて部分練習を実施し、個々の役割や動きの見直し、確認を行なう

2回目 避難指示から患者さまの点呼までの訓練

2回目は1回目より患者さまの人数を増やし、所在や病状も変えてより実践に近い環境で行ないましたが、未発見者もなく、落ち着いて全員をスムーズに避難させることができました。
今回の訓練を通して気付いたことは、問題点をすぐに話し合い、意識が薄れないうちに再訓練に繋げることが防災への理解や訓練の質を高めるためにとても効果的だということです。
災害はいつ起こるか予測できませんので、いつ起きても患者さまに安全に避難していただけるよう今後も訓練を重ねてまいります。


*過去の研修内容
・感染症の予防や対策についての取り組み
・火災や地震を想定した避難訓練やAED研修
・クリニック内の防火設備や災害時の行動マニュアルの確認 など

安全管理研修
安全管理研修

みみずくコラム(10月)

10月テーマ <音楽>

皆さんの生活の中で、‘音楽’に触れるのはどんな時でしょうか。
音楽があると仕事や勉強の効率があがる、音楽が無いと眠れない、
音楽を聴いて現実逃避したりストレス解消をする、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
先月 台風15号による停電や断水が続くなか、ラジオでこのようなリクエストがありました。
「ラジオだけが情報源かもしれないお年寄りは、J-POPより邦楽が聴きたいのではないでしょうか」
かかった曲は、坂本九さんの‘上を向いて歩こう’でした。
人の心に通い、励まし、元気づける、音楽にそのような‘力’を感じました。

折り紙の写真 折り紙の写真

そこで、当院スタッフに「気分を上げたい時に聴きたい曲は何?」
とアンケートしてみました。

◇安室奈美恵 HERO
◆安室奈美恵 walking the park
◇嵐     ワイルドアットハート
◆ミスチル  彩り
◇AI     ハピネス
◆COMPLEX  恋を止めないで
◇AAA    Game Over
◆嵐      Happiness
◇back number 君の恋人になったら
◆BrunoMars The Lazy Song

アンケートをとっている時も「あ、これも!」「あ、いいよね、それ」
と身体が動いたり、鼻歌が飛び出したり、年代を超えて会話が弾みました。

**今月のミニ情報**
日常的にヘッドホン(イヤホン)をお使いになる方へ
音漏れがするほどの大音量、また長時間の使用は耳の健康にあまり良くありません。
正しく使用し音楽を楽しみましょう!
ヘッドホンやコンサートなどの強大音を聴いた後の耳の不調などございましたら当院にご相談ください。

☆当院の接遇や安全管理に関する情報も随時更新中です☆
コラムの上にある「いちはら耳鼻咽喉科の取り組み」をご覧ください。

一番上に戻る